花粉症


今日は、2月22日
ニャン・ニャン・ニャンで猫の日だそうです

だからって、家の太っちょ猫はあまやかしません
いつも、あやまかしているからです

花粉症そろそろ出てきてます?

「一年通してそうだから」って人もいますよねぇ
大変です。

毎年、スギ花粉の時期は色々な商品やテレビでの対策話など
気になりますよねぇ

先日、東洋医学の本を読んでいますと・・・
出てました花粉症のお話

簡単に説明いたしますと

対策として
年末年始の過ごし方で変わるそうです。

年末年始はイベントだらけって人います?
暴飲暴食・仕事の疲れ・睡眠不足が起因して疲れが溜まってしまい
低体温状態から免疫バランスを崩して免疫過敏状態になってしまうそうです。
そんな状態の時に、花粉に触れると過敏に反応して炎症等が起こるそうです。

「いやいや、低体温ではないです。顔や頭がカッカしてます」って人は
暴飲暴食が、飲食の熱となって首~上を駆け巡っています。
首~下(内臓)は疲れからくる冷えで「循環する力・血行」が低下して
首~上にだけ集中してしまっているからだそうです。
そして、この熱が痒みなどをさらに引き起こすのです
鼻水は、肺の冷えが原因 涙目も「目から鼻水」同じく肺の冷え

花粉症は、身体の疲れ首~下の冷えが原因
年末年始の暴飲暴食・仕事の疲れ・睡眠不足をひかえて
身体の疲れを溜め込まない事が予防策

「もう!遅い!無理無理!」って人
目の痒み・喉の痛み苦めのミントティーやふきのとう
苦味は熱を冷ますといわれてますので効果がきたいできます。

鼻水・涙対策玉ねぎやニラ・しょうが
辛味のある野菜は肺を温める効果があります。

そして、気温変化の少ない家のなかで体幹部を温め、あまり息の上がらない運動が
おなかかから肺を温めます。
例えば・・・トイレ掃除や床拭きなどしゃがむ姿勢
これで、一石二鳥です

疲れを抜いて、首から下を温める事が花粉症になりづらい身体をつくります。

どうです?
参考になりました

出来る限りクスリに頼らないで
花粉症シーズンを乗り越えたいですねぇ

やっぱり
猫をあまやかすかなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる